関東ジュニア in 白子 5

こんにちは!関東ジュニアも大分人が減って来ました。と、試合について書く前に、今朝、朝食を済ませてコートに着くと、変なおじさんが我々のバスケットから全部ボールを出して何かやってる!私は良いボールを盗もうとしているのかな?と思いました。でも近くまで行ってみると、「おはよーございまーす!」??? よく見るとルウパパ!そして何をしているかを見ると、ボールで下の写真のようにノアを描いていました!ご苦労様…   何でも早く着き過ぎて、1時間半くらい待っていて暇だからやっていたそうです。せっかくだから、いる者達で写真を撮りました!

image

image

ここからは写真がありません。試合観戦に気合が入り過ぎて、一枚も撮っていません!ハイ、言い訳です!気合がといえば日本は本当に観戦の仕方が静か。→私、うるさい!試合の見方は賛否両論ですが、どうなんでしょう?ところで今日の三つのダブルス全ての時間がおして時間があったので、シノを帰る前に海へ連れて行ってあげました。写真は2人で海の家でかき氷を食べているところ!

image

で、帰って来たら試合が始まっている!私のLINEで「皆さん、試合に入りそうになったら教えて下さい!」に誰も反応してくれなかった…  愛されるコーチは辛い…  (実)相手にされていない…

とりあえず、ルウは入ったばかりだったから、マサキとアズミ・ナッチャンの試合を同時に見る。マサキが前に「コーチがナショナルの合宿を手伝いに行った時の相手達だからダメだ!」と言っていた割にはまずまずの試合運び。確かに代表選手で上手いのですが、ミスが多くファーストセットをマサキたちが取りました。一方アズミ・ナッチャンは食い下がっているけど押されぎみ。ファーストセットを競りましたが落としました。マサキたちは相手が調子を上げて来て、ファイナルで負ける。アズミ・ナッチャンはセカンド5-3であと一本が何回もあったけど、自分で取りに行き切れず、一方相手は勝負をかけて来てしのぎまくり、結局挽回されてタイブレークを落としてストレート負け。

ルウは?と駆け付けたらファーストセットを取ったものの、セカンドセットは挽回されてる。見た感じパートナーが疲れている。で、そのままセカンドセットを落とす。いやーまた長い試合になるな!と思ったのですが、ファイナルは二人とも元気を回復して結構アッサリと終了!全日本ジュニア出場決定!でも私はその試合だけ観に大阪に行くの?「頑張ったんだから!」という声が周りから聞こえて来そうですが!しかし頑張ったのは全員です。それが都予選で負けた者もです。私の屁理屈が始まりますが、試合の結果の高い低いからだけでは頑張りにランクは付けられないですね。だから頑張った!そこからテニスにでも人生にでも何かを学んだ!であれば良いのだと思います。

image

食事は人数が減って少し寂しい。でも今日も美味しく食事を済ませ、私が子供達に珍しく!真面目な話をしました。

それはアズミ・ナッチャンの試合からの教訓。「試合の終盤、あとちょっとでセットが取れるところでアズミたちは待ってしまった。一方相手はあと一点取られたらのところでことごとく勝負して来た。その差が試合の幕を閉じる要因となった。やはり待っていてはダメだ。自分から手を伸ばさないと。万が一を考える代わりに何をしたいかだけに心を置いて全力でやり切ること。これは人生でも同じこと。待っていては何も起きないか過ぎ去ってしまう。最悪ダメでもそう出来る人は、次を力強く歩んで行けるはず。アズミとナッチャンはこの後テニスをして行くか分からないけど(ルウとサホを指して)お前らは二人が残してくれた教訓をもって奴らの分までこれから頑張れ。」まーこんなようなことを伝えました。後でナッチャンに「俺が真面目なこというのを聞いたの初めだろ!」と言ったら素直に「うん!」だそうです…  確かにいつもはほとんどいい加減なことばかり言ってるけど…

明日はホテルをチェックアウトして練習、そして試合に行きます。ルウたちには明日、お頑張ってもらいましょう!そして試合が終わった者には、これからの準備、訓練、学びをしてもらいましょう!誰にでも共通して一定に過ぎて行く時間。有効活用したものの勝ちです。例えそれに時間がかかっても。

ではおやすみなさい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です
コメント*
名前*
メールアドレス*

TOP